JA(農協) JAKE24RA修理

 何か調子悪いと、よく分からないながらお預かりしました。
 刈っている最中に「カチンッ キンッ」と金属音が鳴ったと伺いました。

 背負式の24cc機です。
 JAブランドですが、共立KIORITZ製のようです。

 まずはセオリー通りで、プラグを確認します。

 ちょっと白く焼けています。焼け過ぎも良くないんです。
 キャブレターのジェットが少し詰まっていて、燃料リーン(薄い)な状態かもしれません。
 燃料リーンでの高回転は焼付きの危険性があるので、少し燃料リッチ(濃い)状態で使用するものです。
 よってキャブレターも清掃することにします。

 各部の清掃をしまして、組み立てます。
 この段階では何が悪いのか分からず、一旦組み立てて試運転します。
 試し刈りなのでナイロンコードを取り付けて、刈ってみます。

 試し刈りで「何か変」なことが分かりました。
 たしかに「何かが変」なのですが、何かです。
 いつもの癖でナイロンコード刈刃を地面に押し付けたところ、エンジンストールしました。
 刈刃とエンジンが直結されています。
 要するに、遠心クラッチが壊れていて直結状態と予測されます。
 さっそく遠心クラッチ部分を分解します。

 なんと、遠心クラッチのライニング・シューが剥離しています。
 ここで確信しました。「カチンッ キンッ」などの金属音は、このライニング・シューが剥離した時に巻き込んでの音です。
 これはクラッチの交換になりますので、さっそく手配致します。

 手配したクラッチのサイズを確認して、問題ないです。
 古いクラッチ・シューの削りカスやグリースなどで汚れているため、イグニッションコイルまで外して清掃しました。

 各部の清掃も済ませて、組み立てします。
 マフラーガードがオーナーさんの手作り品でして、こちらも元通りに組み付けました。

 試運転して問題無いようです。
 更に各部のグリースアップを施して、お返し致します。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。