Stihl (スチール) MS180 修理

エンジンの掛からないとのことでStihl MS180Cが入庫しました。

Stihl MS180Cスペック
排気量31.8cc
出力1.5kW
本体乾燥重量4.2kg
パワーウエイトレシオ2.8kg/kW
ソーチェーン3/8"/.043
14"/50DL
16"/55DL
61PMMC3
推奨ガイドバー長35~40cm
点火プラグBPMR7A相当

 まずはリコイルスターターを引いて圧縮を確認します。
 圧縮に問題が無いので、つぎにプラグのスパーク確認します。

 リコイルスターターを引くことでスパーク確認できましたので、イグニッション系には問題無いです。
 エアクリーナーを外して、さらのその奥のキャブレターを外します。

かなり木くずが溜まっているので、あとで掃除します。

ストレーナーに目に見えるゴミはありませんが、キャブレタークリーナーで洗浄します。

 ダイヤフラムポンプの上面には木くずがありましたが、エンジンが掛からない症状とは直接的な関係がありません。
 ここも分解して清掃しておきます。

 組み付けてテストしてみます。
 プライマリーポンプが無いので、なんどかリコイルスターターを引いて混合燃料を吸い上げ必要ですが、元気よくエンジンが掛かりました。

その他に、チェーンブレーキ機構部なのに木くずが溜まっているので清掃します。

清掃してグリスアップしておきました。

このあとオーナー様へ返却し、元気にお使い頂いています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です